USAGI|うさぎの整体™

熱中症対策と冷房対策🍧
— article details —

熱中症対策と冷房対策🍧

こんにちは😊usagi整体のすとうです

 

 

数年前から「熱中症対策」ということがよく言われるようになってきました。

 

⚪︎気温が高い ⚪︎湿度が高い ⚪︎風が弱い、など気象によるもの。

 

⚪︎激しい労働や運動によるもの。

 

⚪︎暑いのに汗をかかない ⚪︎二日酔い ⚪︎ 低栄養 ⚪︎病中病後 ⚪︎睡眠不足、などの状態にあるとき。

 

⚪︎空調のない屋内 ⚪︎炎天下・直射日光を浴びる ⚪︎水分補給をしない、などの状況にある。

 

一般的にこのような原因で体内に著しい熱が生じたり、暑い環境に身体が十分に対応できないときに熱中症を引き起こす可能性があります。

 

暑さが厳しいと涼しさを求めてしまいます。

 

冷たい飲食物ばかりになったり、裸で寝たり冷房でキンキンに冷やしたりと、極端に冷やすことばかりに没頭しがちになります。

 

 

外は猛暑なのに🔥、屋内はまろで冬のように❄️温度が低かったとしたらどうでしょう?

 

入った瞬間からしばらくは気持ちいいと感じます。

 

ですが、その後はだんだんと冷えが身体中に浸透してきます。

 

足やお腹、背中、腰がだるくなたり痛みを感じたり、そんな経験はないですか?

 

 

また屋内、屋外の出入りが多ければ多いほど自律神経は温度差のストレスを受けることになり、調整することが難しくなります。

 

室温調整が快適に保たれない場合、冷え過ぎて体調を崩してしまわないためには自己調整が必要ですね😊

 

上手に膝掛けや羽織るものを備えている方は多いと思います。

 

 

わたしからオススメしたいのは、

 

◯スカートよりパンツ

 

◯レッグウォーマー、腹巻き

 

◯スカーフ

 

冬だけでなく、むしろ真夏にこそ活用してほしいアイテムですね😊

 

疲れ具合が変わってきますヨ!

 

 

カラダは内からも外からも、冷やし過ぎには要注意‼️汗をかくことをついつい敬遠しがちですが、呼吸や発汗によって体温調整が行われています。

 

水分や塩分・ミネラルを補給しながら、夏向きの上手な体温調整を工夫してみてください。

 

 

✨一日中の温度差と温度変化の回数はなるべく控えめに✨

—  2019.7.31

ご予約はこちら

整体についてや現在のお身体についてのご相談などもこちらから。
どうぞお気軽に...

080-4034-8793

うさぎをタップでWEB会員登録