USAGI|うさぎの整体™

カラダを整えるサポーター〈その1〉コルチゾール
— article details —

カラダを整えるサポーター〈その1〉コルチゾール

こんにちは😊usagi整体のすとうです

 

 

前回からの続きです。

 

 

ストレスホルモンの正体は、「老化ホルモン」とも呼ばれる「コルチゾール」です。

 

通常、体内時計のリズムに合わせて分泌され、免疫力の向上にも役立ちます。

 

「コルチゾール」は、午前3時頃から明け方にかけて分泌量が増え、

 

🌼カラダを覚醒させる

 

🌼炎症やアレルギーを抑える

 

🌼脂肪を燃焼させてエネルギーを作る

 

などの働きがあります。

 

 

一方、睡眠不足や様々なストレスによって分泌バランスが崩れると、

 

⚠️血糖値の上昇

 

⚠️血圧の上昇(心臓血管系への負担)

 

⚠️免疫力の低下(風邪、インフルエンザなどの感染症にかかりやすい)

 

更に、このような状態が長く続くと老化が促進されてしまいます。

 

 

「目覚めのコーヒー」は、空きっ腹にカフェインの刺激がカラダにとってはストレスとなり、コルチゾールが余分に分泌されることになりかねません。

 

また、睡眠中に比べてストレスを感じやすい日中に備え、身体中へエネルギー供給を促す役割も担っています。

 

⚠️男性ホルモンの分泌が増し皮脂の分泌量が増えたり、

 

⚠️成長ホルモンの分泌が抑えられ肌の新陳代謝が悪くなり、

 

肌トラブルも引き起こしやすくなります。

 

 

🍀ストレスを感じ続ける環境を見直す

 

🍀自覚できていないストレス要因を探る

 

🍀ストレス要因から遠ざかる

 

など、能動的にストレスを解消する方法を取り入れてみてください。

 

 

本来、あなたのカラダのバランスを整え、ストレスと戦う力を授けてくれる「コルチゾール」。

 

上手に味方につけておくコツは、やはり日々の生活習慣を整えることですね😊

 

ランチの後のコーヒーは、午後からのもうひと頑張りを後押ししてくれます。

 

15分程度の仮眠とセットなら、頑張り効果はさらにアップ⤴︎することでしょう。

 

 

⭐️カラダにいいことはじめましょう⭐️  

—  2019.9.16

ご予約はこちら

整体についてや現在のお身体についてのご相談などもこちらから。
どうぞお気軽に...

080-4034-8793

うさぎをタップでWEB会員登録