USAGI|うさぎの整体™

咳き込んで眠れない
— article details —

咳き込んで眠れない

風邪やアレルギーによって、咳を頻発することがあります。

 

体内に入り込んだウイルスや細菌、アレルゲンを排出するために備わっている防衛反応です。

 

とはいえ、咳や鼻水が出てきてしまうのは煩わしく都合が悪いものですね。

 

症状がひどくなると喉や鼻の粘膜は炎症を起こし腫れてきます。

 

 

さらに続くと胸が苦しくなったり皮膚がピリピリ痛くなります。

 

みぞおちや胃のあたりのろっ骨を痛いと感じる方もいるでしょう。

 

 

何度も咳をしたり鼻をかんだりする行為は

 

特に体幹の上半分の筋肉を使います。

 

 

日常的に体幹を動かすことはあまりなされることがない現在においては、いたしかたないともいえますね。

 

普段から身体を捻る動きをすることで、カラダを柔軟にしておくといいですね。

 

 

あまりに咳が酷くて夜も眠れないときは、

 

〈じゃがいも湿布🥔がオススメ❗️〉

 

炎症を起こしている胸からみぞおちと、その裏の背中に貼ります。

 

① 蓋付き保存容器にじゃがいも2個をすり下ろす

 

②酢を①に数滴たらす

 

③ほどよい固さになるよう①に少量ずつ小麦粉を入れて練る

 

④キッチンペーパーに③を塗り広げる (端は1.5cmほど空ける)

 

⑤湿布がズレないように着衣を工夫する

 

残ったら冷蔵庫に入れ翌日使い切ります。

 

パジャマや寝具が汚れないように、バスタオルを敷くなどすると良いでしょう。

 

ヒンヤリ感が心地よくホッとしますヨ😊

 

 

喘息の方にも効果があるそうです🍀

 

 

⭐️カラダが喜ぶこと見つけましょう⭐️

—  2020.1.14

ご予約はこちら

整体についてや現在のお身体についてのご相談などもこちらから。
どうぞお気軽に...

080-4034-8793

うさぎをタップでWEB会員登録