USAGI|うさぎの整体™

病院で「椎間板ヘルニア」と言われたら
— article details —

病院で「椎間板ヘルニア」と言われたら

 こんにちは😊 usagi整体のすとう美鈴です

 

整形外科では画像診断が主流になっていますね。

 

私は20年前に「頚椎椎間板ヘルニア」と診断を受けました。

 

手の痛み・シビレ、頭痛、偏頭痛 がひどくなって、自分の体がどうなったのか知りたくて。

 

医師から説明された治療は「手術」

いきなりそれは、ちょっと面食らいましたね (汗)

 

はじめからそのつもりはないので断りましたけど!

 

 

〈椎間板ヘルニア〉とは

 

「脊椎」(背骨)は 「椎体」(一個一個の背骨)とその間でクッションの役割をする「椎間板」が交互にに積み重なり、たくさんの関節で連結され動くことができるのです。

 

「椎間板」は、水分を多く含むゼリー状の「髄核」と、その外側を取り巻く「繊維輪」で構成され、体荷重の80%を担っているといわれています。

 

この「髄核」が潰れて押し出された状態を「椎間板ヘルニア」といいます。

 

しかし、画像診断でヘルニアが確認されたとしても、それが必ずしも痛みやシビレなどの症状に直結するとは限りません。

 

また 長い間 何の症状もないままヘルニアの塊が小さくなったり、自然に消えてしまうこともあるようです。

 

ところが 脊椎と周辺組織の椎間板や靭帯が傷んでしまうと、本来なら保護しているはずの神経を圧迫したり損傷することにもなりかねません。

 

これを「脊椎変性疾患」といい、「椎間板ヘルニア」「頚椎症性脊髄症」「後縦靭帯骨化症」「黄色靭帯骨化症」「腰椎すべり症」「腰部脊柱管狭窄症」などがあります。

 

腰痛の85%は原因不明だといわれていて、残り15%のうち椎間板ヘルニアが原因であると特定できるのは5%程度に過ぎないのだそうです。

 

椎間板ヘルニアというと「手術」と思いがちですが、実際に手術を必要とする病的なヘルニアは極少数なのだそうです。

 

「筋肉の緊張」に注目し、筋肉ストレッチを推奨する医師人口も増えてきています。

 

痛みや動作の制限には筋肉が関わっていることが広く認識されるようになってきたということですね。

 

足の先から頭の先?まで、全身の筋肉の緊張がほどけ のびやかに動けるといいですよね。

 

もちろん「お家」できるストレッチや体操も大切です!

 

usagi整体は、寝ているだけで運動しているのと同じような効果(刺激)があります。

 

施術は強くなく やさしいもので、眠ってしまう方も多いんです! ご安心ください🍀

 

朝方は涼しくなってきました。

 

風邪をひかないようにあたたかくしましょう❣️

 

⭐️貴女の元気がいつもありますように  

—  2018.9.9

ご予約はこちら

整体についてや現在のお身体についてのご相談などもこちらから。
どうぞお気軽に...

080-4034-8793

うさぎをタップでWEB会員登録