USAGI|うさぎの整体™

肩が痛くて腕が上がらない
— article details —

肩が痛くて腕が上がらない

こんにちは😊 usagi整体のすとう美鈴です

 

四十肩・五十肩になると、洗濯物が干せなくなったり服を着るのに難儀しますね。

 

他にも

●ある日突然片方だけ痛くなった

●痛みが出たらそれ以上動かせない

●シャンプーができない

●服に袖を通せない

●ワンピースのファスナーが閉められない

●つり革に届かない

●就寝時に痛む

など、

 

痛くて可動範囲も狭まり自由に動かすことが出来なくなるのが特徴です。

 

今では20〜30代で発症する方もいるので、この呼び名ではピンと来ない方も増えていることでしょう。

 

肩関節は肩甲骨・上腕骨・鎖骨で構成されており

この関節が浅く球状になっていることで、バンザイをしたり背中に腕を回したりという動作ができます。

 

運動量が多く負担が大きい肩関節を安定させ補助するため、関節の周りを筋肉や腱・靭帯、関節包などたくさんの軟部組織が取り囲んでいます。

 

しかし筋肉は20歳がピークといわれるように、年齢を重ねるごとに筋肉にかかる負担は確実に増えていきます。

 

女性はもともと男性より筋肉量が少ないため次第に疲労が溜まり、気がついたときには(症状が出たとき)には組織が炎症を起こし痛みを伴うというものです。

 

痛みを感じると防衛本能がはたらき、その部分を守るために筋肉を硬直させます。

 

そうすると、

〈痛いから動かさない〉→〈動かさないから血流が悪くなる〉→〈さらに筋肉が緊張して痛みが生まれる〉→〈ずっと痛いから余計に動かさない〉

 

という悪循環に陥り四十肩・五十肩を長引かせることになります。

 

良くなるには、数ヶ月から1年とか1年半かかるといわれますが、どう対処するのかに大きく左右されます。

 

初期の炎症があるうちは、無理に動かすことや痛みを起こすことで組織の炎症や損傷は悪化してしまいます。

 

患部を冷やし炎症を鎮めることが大事です。

 

炎症が治まれば筋肉が柔軟性を取り戻すことが大事になります。

 

この段階になれば、入浴などで温めて動くようにするアプローチがはじめて必要になります。

 

長く動くことが出来なかった肩や腕にはリハビリが必要です。

 

焦っても日にちがかかる四十肩・五十肩には、労いの気持ちで向き合うのが良さそうです🍀

 

⭐️貴女の元気がいつもありますように

—  2018.9.19

ご予約はこちら

整体についてや現在のお身体についてのご相談などもこちらから。
どうぞお気軽に...

080-4034-8793

うさぎをタップでWEB会員登録