USAGI|うさぎの整体™

妊娠中・産後の腰痛
— article details —

妊娠中・産後の腰痛

こんにちはusagi整体のすとう美鈴です

 

産後の骨盤ケアをされる方は多くいらっしゃいます。

 

「妊娠中は痛いのを我慢して、産まれるのを心待ちにしてました。でも産まれたらそれはまた時間がなくて、やっと来ることが出来ました。」

 

みなさん、よくこのようにおっしゃいます。

 

痛みや苦しみをガマンすると、

またガマンを続けるとストレスになり、

体ばかりか心にもよくないですね。

 

女性は妊娠してから出産するまでの期間、

心身ともに急激に変化します。

そして産後はゆるんだ体を締めることが大切です。

 

妊娠初期からリラキシンというホルモンが分泌しはじめ、これは産後数ヶ月まで続きます。

 

だんだん大きく成長する赤ちゃん、

また赤ちゃんが産道をスムーズに通れるように

 

骨盤周辺の関節や結合組織・靭帯はもちろんのこと、全身の筋や靭帯がゆるみ誕生の時を迎える準備をしているのです。

 

デスクワークや家事の軽減、車での移動、運動不足などによって筋肉や筋力が低下しているということを今や誰もが自覚されていますが、

 

2世代前と比べても歩くことさえ少なく、しゃがんだり立ち上がったりといった動作はかなり少なくなっています。このため妊娠前からゆるんでいる状態にあるといえます。

 

骨盤は上半身を支える土台です。

骨盤まわりの筋肉はゆるんだ関節を支えようと緊張が強くなり腰痛の原因になります。

 

これによって妊娠初期から仙腸関節・股関節・恥骨結合の関節に痛みが起こることがあります。

 

妊娠中期から後期になると、お腹の重みを背中側で支えるため自然に体を反らしてバランスを取ろうとします。この姿勢もまた腰に負担がかかるのです。

 

出産のために開いた骨盤が自然に閉じることが出来ればいいのですが、筋力不足などから開きっぱなしになることが多くなっています。

 

妊娠中の痛みのケアをしてあげることは、

関節やその周辺組織・靭帯や筋肉の負担を減らし、

体調を整えストレスのないマタニティライフにつながります。

 

そして産後は、きちんと骨盤ケアをして体型を戻し育児への負担を軽減しましょう。

 

妊娠中の体調を整えることは、赤ちゃんのためと自分のためでもあります

 

産後にこられた方は

「妊娠中は整体できないと思ってた!」

「知ってたら早く来て楽になりたかった!」

と、笑いながら残念そうにおっしゃいます(o^^o)

 

お母さんが笑顔でいるといいんです

 

痛みはガマンしなくていいんです

 

usagi整体は、やさしく気持ちいい整体です

 

⭐︎貴女の元気がいつもありますように

—  2018.9.30

ご予約はこちら

整体についてや現在のお身体についてのご相談などもこちらから。
どうぞお気軽に...

080-4034-8793

うさぎをタップでWEB会員登録