USAGI|うさぎの整体™

便秘と女性ホルモン
— article details —

便秘と女性ホルモン

こんにちは😊usagi整体のすとう美鈴です

 

便秘に悩む女性はたくさんいらっしゃいますが、

 

生理・妊娠と女性ホルモンの関係を知れば「自然の成り行き」と安心できるかもしれません。

 

妊娠すると卵巣から黄体ホルモンの分泌が多くなりますが、

 

腸の蠕動運動を阻害するはたらきもあるため便秘になりやすくなります。

 

 

《便秘のしくみ》

 

プロゲステロン分泌の増加 → 腸の蠕動運動の低下 → 胃腸の内容物が排泄されにくくなる → 食欲低下・気分不良(つわり) → 便の量が減る

 

これに、水分摂取の不足やあまり動かなくなるなどの要因がプラスされます。

 

生理前には便秘になって、生理がはじまると逆に下痢になる方もいますね。

 

このように、女性はホルモン分泌の時期・分泌量によっていろいろなトラブルを生じやすいのです。

 

自律神経との関係から、妊娠初期のつわりが治る頃に改善することは期待できます。

 

しかし、だんだんお腹が大きくなるにつれて今度は、胎児と子宮に押され腸が圧迫されるため便通に影響を及ぼしてきます。

 

 

《便秘の予防・解消法》

 

○ 水分を多く摂る

 

○ 食物繊維を多く摂る

食物繊維は便の量を増やし便意を促します。

食欲が落ちているときは、飲むタイプのサプリを利用するのもいいかもしれません。

 

○ 乳酸菌を多く摂る

乳酸菌は腸内細菌叢を整えガスの発生も起こらなくなります。

食欲がないときは、乳酸菌製剤を使うのもひとつの方法です。

 

○ トイレは行きたいときに行く

トイレを我慢するのを繰り返すと習慣性がつき、神経が鈍感になって便意が弱くなります。

慢性の便秘の方にはこのタイプが多いかと思います。

特につわりなどで十分に対処できない場合は、家族や身近な人に協力してもらったり、サプリメントや製剤を用いることも大切かと思います。

 

ご本人が納得された上でのご使用をおススメします😊

 

 

私は若い頃、ひどい便秘に悩まされていました。

今は快便ですが、ガスでお腹が張るので腸内環境を整えてあげる必要がありそうです🍀

 

 

⭐️貴女の元気がいつもありますように

—  2018.10.8

ご予約はこちら

整体についてや現在のお身体についてのご相談などもこちらから。
どうぞお気軽に...

080-4034-8793

うさぎをタップでWEB会員登録