USAGI|うさぎの整体™

カラダを整える食べ方
— article details —

カラダを整える食べ方

こんにちは😊usagi整体のすとう美鈴です

 

 

「食べる」という言葉から連想するのは、

 

・朝昼夕と三食きちんと食べるのがよい

 

・和食は健康的でよい

 

・遅い時間に食べるのはよくない

 

・間食は太る

 

・野菜はたくさん食べるのがよい

 

・食べすぎると太る

 

・ケーキ🍰はおいしい

 

などなど、いろいろいろいろありますが、

 

「栄養バランスやカロリー」以外にも注意すべき点があります。

 

 

〈よく噛んで食べる〉効果

 

よく噛んで食べ、消化が十分に行われると、消化酵素(唾液や膵液・胆汁など)による分解の効率が高くなります。

 

消化酵素は、小さく噛み砕かれれば砕かれるほど胃腸への負担は軽減されます。

 

 

わたしたちは1日に消費するエネルギーのうち約10%を消化吸収に使っています。

 

消化の負担が少なくなればその分のエネルギーは細胞の再生や修復にまわすことができます。

 

食べ物は噛み砕かれ、小さな物質になることではじめて食材本来の味を認識でき「おいしい」と感じることができます。

 

咀嚼が不十分だと素材ではなく、ソースやドレッシングなど添加された調味料の味しか感じることができません。

 

咀嚼に時間をかけると満腹感が得られやすいので、食べ過ぎによる肥満を防ぐことにもつながります。 

 

アゴを動かすことで血行が良くなり脳への血流が増加します。

 

一定リズムで行われる反復運動は脳にいい刺激を与え、記憶力や思考力・集中力などが高まり認知症予防にもなります。

 

また、良く噛むと唾液がたくさん分泌され、その殺菌作用で口腔内を清潔に保ち虫歯や歯槽膿漏の予防にもなります。

 

顔の筋肉が動くことから、小顔効果やシワ・タルミ予防も期待できそうです。

 

食事をすると血糖値が上昇します。

 

よく噛まず早食いすると血糖値が上がる前に食べ過ぎてしまいます。

 

食べ過ぎてしまわないためにも、よく噛んでよく味わってゆったりした食事を心がけたいものです。

 

 

⭐️貴女の元気がいつもありますように

—  2018.11.30

ご予約はこちら

整体についてや現在のお身体についてのご相談などもこちらから。
どうぞお気軽に...

080-4034-8793

うさぎをタップでWEB会員登録