USAGI|うさぎの整体™

「痛い」「我慢」「イライラ」
— article details —

「痛い」「我慢」「イライラ」

こんにちはusagi整体のすとう美鈴です

 

どこか体に痛いところがあると、それが苦しかったり、それで悲しくなったりします。

 

こうした「痛み」に対しては、我慢したり耐えてやり過ごしている方がほとんどでしょう。

 

ある人はイライラしたり腹を立てたり、またはずっと続くかもしれない絶望的な気持ちに襲われるかもしれません。

 

こういった「マイナス感情」が湧き上がってきたとき、その感情を身近な人にぶつけたり、自分自身を情けなく思ったり、さらには世の中を憎んたり恨んだりしたくなることもあるでしょう。

 

そしてそのたびに、「そんなふうに思ってはいけない」と、湧き上がる感情にフタをして抑えようとしているんです。

 

逆の「いい気持ち」を思い浮かべてみてください。

 

うれしい・たのしい・しあわせ・安心する・さわやか・すがすがしい など

 

なんだか言葉だけでも肩の力が抜けてホッとしてきませんか?

 

痛みがあるとその痛みに耐えようとしてグウっと力をいれたり、息が浅くなったり、よほどの痛みなら息を止めたりします。

 

これは無意識で働く体の反応なんです。

 

コリや痛みがある部分は硬く血行が悪くなっています。

 

さらに痛いため呼吸が疎かになってしまうと酸欠状態になり筋肉が緊張して「痛い」という自覚症状が繰り返し起こるようになります。

 

しかし、休養をとって「痛み」がなくなると「嫌な気持ち」がなくなり、気持ちよく呼吸ができるようになっていきます。

 

ゆったり呼吸をするようになると血行がよくなり筋肉はしなやかになっていき緊張感がなくなって気持ちがホッとしてやさしくなれます。

 

人にばかりではなく、きっとがんばって無理をしてきた自分自身にもやさしくしてあげられるようになれるはずです。

 

「嫌な気持ち」の原因は「痛み」かもしれない、と疑ってみるのもいいかもしれませんね。

 

 

⭐️貴女の元気がいつもありますように

—  2018.12.5

ご予約はこちら

整体についてや現在のお身体についてのご相談などもこちらから。
どうぞお気軽に...

080-4034-8793

うさぎをタップでWEB会員登録