USAGI|うさぎの整体™

生理痛と骨と筋肉の関係
— article details —

生理痛と骨と筋肉の関係

こんにちは😊usagi整体のすとう美鈴です

 

生理前の数日間は、腰痛や頭痛に悩まされているという方は多いですね。

 

生理が始まると骨盤は大きく開いて、使わなくなった子宮内膜を排出します。

 

この開くことがスムーズに出来ない筋肉と、開かそうとする働きとが相反するため痛みを引き起こしているのです。

 

生理開始の1週間ほど前には骨盤を開く準備に入ります。

 

脳からの伝達によって、先ず後頭骨が開き→肩甲骨→骨盤へと信号が伝わっていきます。

 

このときスムーズに開けないと頭痛・肩コリ・腰痛に襲われるのです。

 

 

「痛み」と「コリ」は似た者同士

 

痛いと感じる部分はだいたい筋肉が硬くこっています。肩コリやこむら返りなど。

 

「冷え」もまた同様です。

 

氷をしばらく触っていると痛くなって、耐えきれず離すと冷たく硬くなっています。

 

 

お腹の冷えは便秘・下痢の原因にも

 

柔軟で質の良い筋肉は、神経の伝達が良く血行も良く痛みやコリ・冷えなどとは無縁なもの。

 

そこで、生理時の体調から普段は自覚に上がって来ない「隠れコリ」を知ることが出来ます。

 

生理が終わると、骨盤は排卵に向けて閉まり始めます。

 

開く動きは苦手でも閉じる動きは案外出来やすいため、生理が始まると痛みもおさまることが多いようです。

 

骨盤の歪み+反り腰+猫背+頭蓋骨の歪み、こんな骨格の状態なら不調があっても当たり前だと思いませんか?

 

 

実はこれ、私のことです💧

 

私は生理中もその後も痛みが続くことが多かったですね。

 

骨盤を開くことも閉じることも上手に出来ない、若い頃から体中にコリがたくさんあったという証拠ですね!

 

女性は生理を繰り返すことで、思春期からずっと妊娠の準備を続けています。

 

毎月訪れるこのイベントを快適に過ごすために、特にお腹や腰回りはいつも温かくして血行を良くしておきたいものです。

 

とはいえ、いきなり慣れない運動を始めるのは無謀なこと。

 

まずは入浴を心がける、深い呼吸を心がける、良い睡眠を心がけるなど、簡単に続けられることからはじめるといいですね🍀

 

 

⭐️貴女の元気がいつもありますように

—  2018.12.28

ご予約はこちら

整体についてや現在のお身体についてのご相談などもこちらから。
どうぞお気軽に...

080-4034-8793

うさぎをタップでWEB会員登録