USAGI|うさぎの整体™

妊娠と骨盤の歪み その2
— article details —

妊娠と骨盤の歪み その2

こんにちは😊usagi整体 すとう美鈴です

 

 

骨盤が歪んでいると妊娠しづらいのでは?

 

と、思いませんか?

 

これ、一理ありますよね!  

 

そこで骨盤からみた妊娠との関係についてシリーズでお伝えしていきます。

 

 

《大人の女性の骨盤は横長楕円形》

 

初潮の頃から女性は成熟した体へと変化していきます。

 

その1では、女性の骨盤は洗面器型とお伝えしました。

 

実際は、「底のない洗面器」を想像していただくと分かりやすいと思います。

 

子供の骨盤は前後に縦長楕円形をしていますが、成長とともに横長へと変化していくのが正常なパターンです。

 

ここ最近では、まるで変化の途中で止まったかのような丸い形の骨盤の女性が増えているのが現状なのです。

 

そこに「歪み」がプラスされるとどうでしょう!

 

姿勢が悪くなったり体のあちらこちらに痛みがあらわれてもおかしくないですね。

 

骨盤は、赤ちゃんが生まれるために通り抜ける通路です。そのため骨産道といわれます。

 

しかし、骨盤の形が整っていないと、うまく通り抜けることができません。

 

 

赤ちゃんは回旋しながら生まれてきます。

 

あごを引き体を小さくして骨産道を進みます。

 

このとき、骨盤がゆるんで広がってしまっていると、あごを引くことなく進むことになり、うまく軟産道(子宮下部→子宮頸部→膣→外陰部)へと進むことができないのです。

 

妊娠する前から筋力が弱いと、出産に近づくにつれ骨盤のゆるみもすすむので、大きなお腹を支えることは母体にとってもかなりの負担となります。

 

赤ちゃんが上手に生まれるためには、この2つの産道がきちんと機能することが大切です。

 

 

母子ともに安心な妊娠とは、受精・着床から順調に妊娠が進み、スムーズに出産出来ることですね。

 

整った骨盤、それを支える筋肉や靭帯、そこに内蔵される子宮は赤ちゃんのためのフカフカのベッド🍀

 

 

安心してください。

 

骨盤は変化することができます。

 

 

 

⭐️快適さは質の良い筋肉作りから

—  2019.1.11

ご予約はこちら

整体についてや現在のお身体についてのご相談などもこちらから。
どうぞお気軽に...

080-4034-8793

うさぎをタップでWEB会員登録