USAGI|うさぎの整体™

腹筋がつくと姿勢が良くなる
— article details —

腹筋がつくと姿勢が良くなる

こんにちは😊usagi整体のすとう美鈴です

 

 

《腸腰筋をきたえる》

 

骨盤は身体の中心にあって体調や気分にも大きく関わる重要な部分です。

 

前々回に続き、骨盤周りの体操をご紹介します。

 

 

背骨・大腿骨をつなぐ大腰筋と骨盤・大腿骨をつなぐ腸骨筋を合わせて腸腰筋といい、上半身と下半身をつなぐインナーマッスルです。

 

骨盤が立った状態では背骨はバランスよく伸び、その上に頭蓋骨が乗ります。 すると股関節はスムーズに回旋し歩行することが出来ます。

 

長く上手に歩くためには良い姿勢が必要だと感じるのは、腹筋が弱くなったからだと みなさんは気づいていますね。

 

通常この筋肉は30代から減少しはじめ加齢に伴う衰えが大きい筋肉といえます。

 

歩く・走る・脚を上げるなどの動作が当たり前にできるのは、お腹の深層筋がしっかりとつながりを保ち支えているからなのです。

 

 

《腸腰筋体操》

 

1) テーブル・机など安定した高さに両手をつき、脚を前後に開く

 

2) 前脚の膝を曲げながら腰を前方・下方へと移していく

 

※後脚の膝は伸ばしたままで、腰を前に突き出すようにするのがコツ

 

 

支えがなくても出来る方もいらっしゃると思います。

 

無理をせず気持ちいいと感じることができれば、貴方にちょうどいい体操ということがありできますね。

 

痛みを無視したり時間を長くすることは、効果をあげることにはつながりません。

 

 

ご自身にあった時間や程度をみつけて、毎日もしくは2〜3日毎などサイクル決めるといいかもしれませんね🍀

 

女性特有のお悩みのほか肩こりや頭痛も骨盤の筋肉にカギがあります😊

 

 

⭐️快適さは質の良い筋肉作りから

—  2019.1.31

ご予約はこちら

整体についてや現在のお身体についてのご相談などもこちらから。
どうぞお気軽に...

080-4034-8793

うさぎをタップでWEB会員登録