USAGI|うさぎの整体™

【むくみ】と「女性ホルモン」
— article details —

【むくみ】と「女性ホルモン」

こんにちは😊usagi整体のすとう美鈴です

 

 

女性に多い症状のひとつに「むくみ」があります。

 

20代の頃はむくみが酷く、連日のように寝起きの顔、特にまぶたが腫れ、すねを指で押すと凹みがもどらなかったことを覚えています。

 

疲労のせいとあきらめていましたが、30年経った今むくみがないのは疲労も少ない、ということも要因だと思っています。

 

生理前に胸が張ったり、手足がむくんで重だるくなったりと、女性なら誰もが経験する身体の変化ですね。

 

これは女性ホルモンが関係しているためで生理的メカニズムといえます。

 

黄体ホルモンの分泌が増えると妊娠準備が始まり、子宮内膜を厚くし、受精卵が着床しやすいフカフカの布団のような子宮環境を整えるため体内に水分を溜め込むよう作用します。

 

ホルモンは血流にのって全身に作用するために、子宮以外にもむくみが生じることがあります。

 

むくみが起こることで、全身のだるさや頭痛・めまい・耳が塞がった感じ・ふわふわした感じなどがあらわれる方もいます。

 

内耳や三半規管のむくみは目や耳の不快症状となってあらわれるのです。

 

周期的にこのような症状が繰り返しあったり、1日の中でもあったりおさまったりと、出方は人によって様々あるようです。

 

耳鼻科で異常がないと診断された方は、ホルモンのバランスが乱れているのかもしれませんね。

 

女性ホルモンの分泌が減少しはじめる40代から50代の更年期にも起こりやすい症状といえます。

 

 

たかが「むくみ」、されど「むくみ」。

 

 

長引く不調も解決することは出来ます。

 

 

今こそ自分の身体のチェックをしてみませんか🍀

 

 

⭐️快適さは質の良い筋肉作りから

—  2019.2.4

ご予約はこちら

整体についてや現在のお身体についてのご相談などもこちらから。
どうぞお気軽に...

080-4034-8793

うさぎをタップでWEB会員登録