USAGI|うさぎの整体™

「気象病」は  自律神経失調症
— article details —

「気象病」は  自律神経失調症

こんにちは😊usagi整体のすとう美鈴です

 

医学的な病名ではなく、気象の変化で起こる体調不良を総称して「気象病」と呼ぶそうです。

 

気圧の低下に過剰に反応している場合、

 

・季節の変わり目や天気の悪い日は体調が悪くなる

 

・雨が降る前は古傷が痛む

 

・持病の頭痛で雨が降るのがわかる

 

・台風が来る直前にめまいや頭痛がする

 

などの不調が多くあらわれます。

 

 

耳の奥には「内耳」という平衡感覚を保つセンサーがあります。

 

そこでキャッチした情報は脳の視床下部にある自律神経に伝えられ、その情報をもとに内臓や血管などをコントロールしています。

 

交感神経と副交感神経がバランスよく働くことが心身の健康にとって大事なのですが、ほんの些細な変化やストレスにも影響を受けてしまうほど自律神経はデリケートなのです。

 

また、温度の変化から体温を一定に保つためためにはエネルギーを大量に消費します。

 

皮膚は外気温を感じ取り、暑いと汗をかいて体内の熱を放出し、寒いと毛穴を締めるなどして熱を体内に閉じ込めて体温を一定に保っています。

 

季節の変わり目や昼夜の温度差、特に真夏は冷房による屋内外の温度差を1日のうちに何回も経験することになるため自律神経のバランスが乱れやすくなります。

 

○めまい ○吐き気 ○耳鳴り ○鼻づまり ○頭痛 ○肩コリ ○首コリ ○腹痛 ○便秘・下痢 ○全身倦怠感 ○寝つきが悪い ○朝起きるのがつらい ○関節痛 ○手足のしびれ ○胸がしめつけられる ○乗り物酔い ○動悸 ○呼吸しづらい ○喉がつまる ○発汗 ○汗をかけない ○目のかゆみ ○肌トラブル ○不安 ○うつっぽい ○集中力がない ○イライラ

 

など、どんな症状がつらいかは人によって異なります。

 

ただ、共通していることは検査をしても異常が見つからないことです。

 

例えば、めまいで耳鼻科を受診、頭痛で脳神経外科を受診、吐き気で内科を受診、動悸で循環器科を受診したけれど問題なしとの診断結果。

 

カラダが歪んでいると、気圧の変化や温度差というダメージはより大きく自律神経に負担をかけてしまいます。

 

歪んだ立ち方・座り方をやめるだけでも血液やリンパの流れは良くなります。

 

 

簡単にできることからはじめましょう!

 

 

 

⭐️快適さは質の良い筋肉作りから⭐️

—  2019.4.8

ご予約はこちら

整体についてや現在のお身体についてのご相談などもこちらから。
どうぞお気軽に...

080-4034-8793

うさぎをタップでWEB会員登録